♡主にガンバ大阪と香川照之さんを語ってます♡
帰国しました!
2017年10月12日 (木) | 編集 |
3泊5日はあっという間でしたわ
とりあえず、息子の挙式とウェディングパーティーが滞りなく終了してホッとしています

         CIMG0267.jpg


      DSC_1351.jpg

コオリナは事前情報通り、なーーーーんも無いとこで 1日だけ娘とワイキキに買物ツアーに出かけた以外はホテルでのんびり過ごしたので、ハワイ感ゼロの旅だったけど(笑)まあたまにはこんな旅行もいいかな、と
それにしても、ハワイに来てワイキキビーチもダイヤモンドヘッドも見ず(え?)パンケーキもアサイボウルも食べてない私たちって・・・
ちょっと張り込んで往復プレミアムエコノミーにしたので、めっさ快適でした

      CIMG0319.jpg

      CIMG0325.jpg

      CIMG0327.jpg

      CIMG0329.jpg

      CIMG0333.jpg


てことで、今日やっとカマキリ先生のド変態っぷりを堪能
「香川さんにあんなに愛されるオニヤンマやギンヤンマになりた〜〜い」とは・・・う〜〜ん、やっぱり思わんな。(笑)

スイス旅行その3
2016年09月05日 (月) | 編集 |
8月28日(日)
日程がキツキツなので 名残は惜しいけどグリンデルワルトを発ってマッターホルンの麓の村ツェルマットに向かいます
感傷に浸りながら(笑)最後に登山鉄道のグリンデルワルト駅を撮影
      P8280280.jpg


ツェルマットまではアルプス越えになるので、途中カートレイン(車を載せて走る列車)に乗ります 
料金所でお金を払い
      P8280288.jpg


信号が青になったら、順番に列車に乗り込みます。
      P8280291.jpg
      P8280293.jpg
      P8280294.jpg


乗り降りはカーフェリーのようだけど、違うのは私達は車に乗ったままってこと
貨物列車のようなのに載せられて、トンネル内を走るので(約15分)暗いしうるさいし結構なストレスでした
娘曰く「こんなややこしいことせんと、車のトンネル作りゃいいのに」・・・それを言ったらおしまい。(笑)

さらに、ツェルマットはガソリン車進入禁止の村なので(業務用の電気自動車は走ってる)ひとつ前の駅「テーシュ」の駐車場に車を止めてスーツケースをおろし、電車で向かいます。(めんどくせーー)しかも、このシャトルトレインも結構高い

グリンデルワルトを出発して約4時間でやっとツェルマットに到着。
      P8280299.jpg


      
昼食後、早速登山電車に乗ってゴルナーグラート展望台へ
ゴルナー氷河
      P8280310.jpg

      
天気は晴れてるんだけど、マッターホルンのテッペンに少しだけ雲が 惜しい!!
      P8280311.jpg

      
でも、トレッキングを始めて下っていくうちに、雲が晴れました
          DSC_0855.jpg

         
マッターホルンに向かって歩いて行くという絶景のコースだけど、かなり足場が悪い  
というのも、森林限界を越えているので足元は石と土だけなのよね。富士山もそうらしいけど。(娘談)
ここでトレッキングポールが大活躍 
        
逆さマッターホルンが見えることで有名な「リッフェル湖」に到着。
もっと湖に近づけば山の全体が映ってるところが見えたんだろうけど、私達は一応これで満足しました
          2036410_2225968738_198large.jpg

         
1時間半ほどのトレッキングだったけど(登山電車のひと駅分)足場が悪かったのでかなり疲れたーーー
夫も娘も、もうひと駅歩けたらしいけどスマン
村に戻ってお土産を買ったり夕ご飯を食べたりして、この日は終了。
どのホテルもお花がキレイ
      P8290332.jpg

      

8月29日(月)
実質、観光最終日です
午後ジュネーブまで移動しないといけないので、運転する人があんまり疲れないように(笑)地下式ケーブルカーで行けるスネガ・パラダイス展望台へ
3分で一気に2288mまで すげぇ〜
マッターホルンは午前中の方がくっきり見えるらしく、この日も綺麗な姿を見せてくれました
      P8290336.jpg

      
スネガ・パラダイス展望台から無料の(珍しい!笑)傾斜リフト(エレベーターみたいなヤツ)に乗って、すぐ下のライ湖へ下ります
      P8290337.jpg

      
ここにも逆さマッターホルンがうっすら映ってました
         P8290342.jpg

      
午後はジュネーブ空港まで移動。
途中、世界遺産の「ラボー地区のブドウ畑」やレマン湖を見ながら3時間ほどのドライブ
      P8290348.jpg
      P8300353.jpg
 
      
空港でレンタカーを無事返してホッ。(今回はトラブル無し
ホテルでジュネーブ市内交通の無料パスをもらったので、バスで中心部に出てみました
いろんな人種がごちゃごちゃいる街だったわ。あんまり治安は良くないそうです
でも、ガイドブックに載ってたレマン湖畔の名物料理「フィレ・ド・ペルシュ」(淡水魚ペルシュのソテー)はこの旅一番に美味しかった〜
ま、他は大体ステーキかソーセージ食べてたからね。(笑)
      P8300354.jpg

      
8月30〜31日
ヘルシンキ経由で大阪に戻って来ました

「スイスはいいよ〜」とスイス好きの両親が話すのを聞いて、ずっと行きたがってた山ガールと(笑)今回一緒に行けて良かったです
でも、彼女がここまでチャレンジャーだとは知らんかったわ。(笑)
離れて暮らしてるので、親の知らないところで何をやってるのか怖い怖い
最後に・・・「歳だからもうあんまり長距離は運転できないなあ」と言いながらも、スイスを横断してくれた夫に感謝

長々と読んでくださってありがとうございました 




先週あった「スニッファー」の取材会の動画があがってますね
髪型なのか(分け目がいつもと逆だよね)お疲れなのか、香川さんちょっと老けた感じ?
NHKの会見だから、いつものようにふざけられないのも惜しいなあ。(笑)

あと、昨夜のMBSラジオ「ヤングタウン」で鶴瓶師匠が團子ちゃんのことをべた褒めだったとか
香川さんにも「あんたの息子凄いな!」と仰ったってね。パパ嬉しいだろうな


スイス旅行その2
2016年09月03日 (土) | 編集 |
8月27日(土)
この日もいいお天気です
アイガーの頂上にだけ朝日が当たっていて綺麗
あんなところを目指して登って行く人がいるんだねえ。・・・と他人事
      P8270197.jpg


こちらには氷河が見えます。(でも年々後退して行ってる
      P8270200.jpg

      
この日はトレッキング本番
まずは4人乗りゴンドラでメンリッヒェン展望台へ(夫はやっぱりゴンドラも無理
上に着くとこの絶景です
      P8270207.jpg


正面の小山の向こう側まで歩きます 結構人が多い
      P8270220.jpg

      
牛さんものんびり
      P8270224.jpg


はるか下にグリンデルワルト村も見えてます
      P8270226.jpg


1時間半ほど歩いて、やっと目的地のクライネ・シャイデックが見えて来ました(このあとまだ30分ほど歩く
      P8270228.jpg

      
クライネ・シャイデックからユングフラウヨッホまでは登山電車
この電車の料金がべらぼうに高いのよ
そりゃアイガーにトンネルを掘って鉄道を敷いたんだから大変な苦労だったとは思うけど、ここに限らずスイスは山岳鉄道の料金がめちゃくちゃ高くて、改めて観光立国なんだということを実感しましたわ。

電車はいよいよアイガーの中に入って行きます!
      P8270234.jpg

      
50分ほど乗車して、ユングフラウヨッホ展望台駅に到着。
スフィンクス展望台からユングフラウ山頂を望む
      P8270245.jpg
ちなみに「ユングフラウヨッホ」のヨッホは「肩」と言う意味で、ユングフラウのすぐ下にある小山なのよ
      

アレッチ氷河。当たり前だけど、ホントに河のように流れてます。
      P8270237.jpg
      P8270239.jpg

      
アレッチ氷河雪原では、夏期いろんな雪上スポーツが楽しめます。
      P8270268.jpg
   

娘はワイヤー・ロープにぶら下がって氷河の上を滑り降りるジップ・ラインをやりたいと言ったんだけど(高所恐怖症の両親の子供とは思えない)何とか説得して(笑)チュービング(大きなタイヤに乗って滑る)で我慢させました
私なんかチュービングもやりたいと思わんけどね

↓ジップ・ライン。アラブ系の女性が果敢に挑戦中
      P8270251.jpg

      
それよりは平和なチュービング。(笑)
でも結構スピード出たらしい
      P8270260.jpg

      
小一時間遊んでから(←娘が)氷の宮殿へ移動。
ここで夫が2回スッ転びました
      P8270273.jpg
 
            
登山電車にゆられてグリンデルワルトへ戻ります
緑の草原を見るとホッとするわ
      P8280278.jpg

ハードな1日が終了〜




明日はルヴァンカップ準々決勝2nd leg
スタジアムに行きますよー
せっかくのかぶりつき席なのに雨だったら濡れる〜〜
いや、それより何が何でも準決勝に進出してもらわないと
帰るの遅くなるから90分で決めてね


スイス旅行その1
2016年09月02日 (金) | 編集 |
8月25日(木)
関空からフィンランドエアでスイスのチューリッヒに向けてしゅっぱ〜つ
乗り換え地のフィンランドのヘルシンキ空港は免税店が充実しています。
マリメッコやムーミングッズのお店には日本人がいっぱい
      P8250104.jpg

      
乗り換えの待ち時間を含め、関空を発ってから14時間半後にやっとチューリッヒ空港に到着。(疲)
娘は三半規管が弱いのか離着陸の時に気分が悪くなって、のっけから元気無し
↓でも、夕食事には復活したらしい(笑)
      P8260109.jpg

      


8月26日(金)
空港で予約してたレンタカーをピックアップして、グリンデルワルトへ出発
今回お世話になるのはプジョーの結構大きいヤツ
てか、日本で予約してた車種が用意されてたためしがありません。なんで?
      P8260117.jpg

この日と最終日には娘も運転しました 
左ハンドル車初体験 チャレンジャー
      
遠くにユングフラウが見えて来て、テンション上がる〜
      P8260126.jpg
      
      
グリンデルワルトに到着 アイガー北壁
この景色が大好きです(実は5回目)
      P8260143.jpg
        

駅前のホテル群 左から3番目が泊まったホテルです
ちなみに、左から順番に料金が安くなって行く。(笑) 
      P8260138.jpg
        

スイスやドイツに来たら、やっぱりこれよねー
ソーセージでかっ!フライドポテト多っ! 知ってたけど。(笑)
      P8260137.jpg

      
早速、ロープウェイで崖の上の村ミューレンへ。
高所恐怖症の夫はほとんど死にかけてました
      P8260147.jpg
      P8260151.jpg


めっちゃ可愛い村です
      P8260159.jpg
      P8270167.jpg
      P8270168.jpg

      
さらにケーブルカーで展望台へ
ちなみに、ケーブルカーは地面についているので怖くないらしい。(夫談
ミューレン村と後ろの山々が絶景
      P8260161.jpg
      P8260162.jpg


帰りはミューレンまで歩きました(50分ほど)
初日は足慣らしハイキングの予定が、時間短縮のため急な下り坂(しかも足元悪い)のコースを選択したので(誰や!)ヘロヘロで村に到着←私が

でもグリンデルワルトに戻ったら、夕日に染まるアイガーがめちゃめちゃ綺麗だったので、ふっか〜つ
      P8270187.jpg

      
夕食はベタにチーズフォンデュ。美味しかったよ〜 でもこれだけじゃ飽きる。(笑)
チーズフォンデュ2人前とローストビーフ1人前頼んで正解でした
      P8270194.jpg

      

帰って来ました(^0^)/
2016年08月31日 (水) | 編集 |
      2036410_2225680331_74large.jpg


            2036410_2225968738_198large.jpg


スイスから無事帰国しました
出発前あんなに心配してたお天気が信じられないくらい快晴続きだったので 美しい山々の景色を堪能して来ました
山ガールの娘は4歳の時以来2度目のスイスだったけど(当時のことはほとんど覚えていないらしい)壮大な景色を見ながらのトレッキングがとっても楽しかったようで、「また行きたい!」と言ってます
その時は私達を連れて行ってね

帰国早々、明日は古ちんの『ヒトラー、最後の20000年〜ほとんど、何もない〜』観劇なので 旅日記はまた後日に
あ、古ちんは今日から朝ドラに登場だったんだね!

帰国早々と言えば、家に帰ってすぐミスチルライブの抽選結果チェックと(もちろん落選)川原さん主演の舞台のチケ取りを頑張りましたよ(忘れてなかった〜)
で、今夜はルヴァンカップ準々決勝(忙)
あ、香川さんに目立った動きは無かったようですね。(笑)
Twitterにあげてくださってる團子くんの夜話のレポは あとでゆっくり読ませてもらいます〜